Esperanto

のんびり大学生ののんびりブログ。 のんびりな日々の徒然を書いていきます~☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
殿!電柱でござる

スポンサーサイト
一連の年金不払い問題の結末が責任転換で終わりそうな予感。

自民党が作成した政策パンフレット。

 タイトルは「あなたの年金が消えたわけではありません!!」

 1ページ目には「大丈夫」を強調する文言が並び、懸念を払拭しようとする姿が窺える。
一体何が大丈夫なのか理解しがたいのが特徴。
それに第3者委員会が判断する材料が具体的でなく良く分からない

 そして2ページ目。
 そこには「なぜ、このような事態になったのでしょうか…その責任は!」と赤文字で
 大きく書かれ、「基礎年金番号設計導入時の大臣は…」とした後に


 「基礎年金番号導入の閣議決定→※菅直人厚生大臣」
 「切り替え業務開始→※菅直人厚生大臣」
 「基礎年金番号実施関連省令改正→※菅直人厚生大臣」

 「※現在、民主党の代表代行です!」と民主・菅直人氏の名前を3度も挙げて批判している。

http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/pdf/2007_nenkin.pdf

このパンフレットを見ると次の参議員戦が戦えないからという理由で
責任転換しているようにしか見えないですね・・・。


さあ、自民党が与党を務める長い歴史に終止符が打たれるのか??
気になるところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。